8月 上を向いて歩こう

                 サンちゃん げんきですかーー

 

八月が始まりました。

 

父とサンさんの命日が迫りくると

体ががちがちになるのは今年もで

2年前の夏の夜

記憶の再生をうっかりゆるすと

とたん不穏な雲に覆われて

そうなるともう、いろいろとつらいため

この時期は、ひたすらじっと

ひたすらこころ静かに過ごすのですが

 

今年はその個人的迫りとは別に

連日の、時代を逆行するニュース

続く猛暑もかけあわさって

こころはしんとがまんを通り越し

もののけ姫のこだまのように

半透明に、カラカラとなっています

 

大阪の地震、広島岡山を中心とした豪雨災害、

二度の死刑執行、カジノ法案の成立に

議員の差別発言、総裁選に向けた政治の動き

また世界中で大規模な自然災害が続発するなか

先の七月というのは

全体意識、個人にとっても

イコール

のさらなる強烈な始まりを 意味していて

 

卓球のラリー的 間のなさで

意図(意識)=結果(現れ)

どんなサーブ、レシーブも

スマッシュで打ち返してくる

そんな激しくシビアな段階へ

 

意図の純度と明確さは

自己の創造を促進し、具現化の過程や現れに

魔法と奇跡を加えますが

先月からのよりダイレクトな

イコールかつスマッシュは

意識的な意図に限らず

恐れや不安、なんとなくの考えなど

意識して意図していない、

無自覚 無意識、無関心の加担

潜在下での意識、抑圧した感情も

自身の目の前、ぶわっと露わに具現化し現れる

その容赦ないイコール、

そちらもさらに一段上がったと、思われます。

 

すべてを照らし露わにするエネルギー

太陽が夜明けから真昼へと向かうみたい

止まることなく

徐々に高度をましてゆくこの数年

あともう少ししたら、

さらなる切り替わりが待っているであろうとき

そのなかでいまなにが大事かを思ったら

「シンプル」なんやろなと、感じています。

 

いかにシンプルでいるか

 

これが 動きやすさと

ゆくべきところへ

じぶんをまっすぐに向かわせる、

水中を服を着込んで歩くのと

じぶんまるまま裸で歩く、

その歩きやすさの違い、

歩くだけじゃなく、裸に近いほど、

いろいろな泳法も 持ち込める、

自由度のひろがり

 

いかにシンプルか、

ここでいうのは持ち物でなく(それもつながるけど)

じぶんの意識、エネルギー、思考、感情

そういった、目にはみえないじぶんのシンプル

 

自身にごちゃごちゃや詰まり

重みを感じている場合は

部屋を片付けるのとおなじ具合に

ごちゃごちゃの仕分け作業、いまのときに

そのなかで、どれくらい、そのひとつひと

手放せないものなのか、重要なのか

絶対なのか、ほんとうは、必要のないものなのか

仕分けと見極め、進めてゆき

 

そのうえで、残る大事、ほんとうを

残る大事がさすほうを、またしっかりと 見極めて

 

いまはほんとう、『はてしない物語』の世界

変化の流れは、自分を生ききるための、追い風に

その風にのって、より創造、具現化へと向かっていくか

その風を、向かい風に感じるか

それはいまこの瞬間の、自分の意識

 

 

8月のスケジュール

ご予約可能日 ご予約フォーム

トキノネ 日々のつぶやき

ほしのわメールマガジン

 

 

心身ひとつに 軽やかに

創造の花、あちこちに、満開に

 

どうか暑さ気をつけられて

よき夏を、お過ごしください

 

 

---------------------------------------------

にじのわの日記とホームページ

新しいアドレスに変わりました

登録のご変更 何卒よろしくお願いいたします

スピリチュアルリーディング NIJINOWA

ホームページ http://nijinowa.love

にじのわ日記 http://nikki.nijinowa.love

---------------------------------------------

 










7月 Smile

 

やまない大雨、大きな被害が広域に

テレビがないため、

ツイッターで状況を知ろうとすると

浸水した街の写真、中には行ったことのある場所も

その甚大な被害の状況に、ことばを失い

これから暑さ強まるなかの大雨災害、

さらには台風の接近に、

さらには信じがたい政府対応も

被害にあわれたかた、街や土地、生き物たち

支援に全力を尽くされているかたがた

どんなにか困難や大変を感じられながら

がんばられているかを想うと、

こころがもう、なにがなんだかわからなく

ご無事と安全、天候の安定を願うばかりで

被害に遭われた皆様に

心より深くお見舞い申し上げます。

一日も早い復興を、安心を、

願い祈っております。

 

 

7月のスケジュール
ご予約可能日 ご予約フォーム

トキノネ  日々のつぶやき

ほしのわメールマガジン

 

 

極限につらいときにいても

映画『ライフ・イズ・ビューティフル』のお父さんみたい

笑顔をむけられるひとでいたい、なりたいです。

わたしは、つらかったとき、笑顔をむけてくれたひとに

とても、救われたから。

 

そのためには、心強くあらないと。

へしゃげててもと、最近、何度もはっとなる。

どんななかでも、笑顔を向けれる、強い自分に。

 

悲しいこと、信じがたいこと、意味がわからないこと

しろ目に、めまい、口から泡がでそうになること

なんでなんと、果てしのなさを思うこと、

呆然となり、あとの可能性に暗澹となる、

恐ろしいほど連日だけど、

そのぜんぶ、一瞬、いっときはなったとしても

もうあとそこに、留まらないで

受けた衝撃、ゼロか遠く、いっさいに持ち込まず

 

そのすぐいま

自分自身の未来をつくる、

タマシイが踊りむかう、一歩を

内なる希求を、行動に、目の前のいまに

 

そのときの瞬間に留まらない

 

なんでなんをこえて 創造へまわりこむための

とりうる戦術、戦いかたというか、

あきらめや絶望に覆われないで、飲み込まれないで

自分を無力化してしまわないための、

支配と操作のカルトな二元性の囲い網からすりぬけて

じぶんのゆく道、ゆきたい未来へゆくための

必要大事な術のひとつに、思います。

 

 

---------------------------------------------

にじのわの日記とホームページ

新しいアドレスに変わりました

登録のご変更 何卒よろしくお願いいたします

スピリチュアルリーディング NIJINOWA

ホームページ http://nijinowa.love

にじのわ日記 http://nikki.nijinowa.love

---------------------------------------------

 










6月 青春の光と影

               海と人魚   雨とあじさい

 

どんどんと濃ゆさを増す

木々のみどりを眺め歩きながら

体じゅうからうまれる汗の心地に

生きているをたしかめる、6月の始まり。

 

生きているから離れたところで生きていた

泣いては食べ泣いては眠りのサイクルで

なんとか車輪をまわしていた、一年前のいまのころ

目にうつる画素数は、出始めた頃のデジカメみたい

フラットだったと 思います

 

世界が放射する光線と振動が

どれだけ豊かに鮮明でも

じぶんの細胞まわりがかちかちやと

そのひかりの情報は、からだには浸透しきれず

その熱 内に届くことなくなる、

 

けどひらくと、

ゆるまって、息ができると

ゆるまる細胞のすきまへも

世界が放つひかり差し込み

じぶんをぜんたい あたためて、

からだじゅう、熱量のある振動が満たされる

 

自分が発光しているのか

もらった光で輝いているのか

恒星か惑星、そのどっちものここち

じぶんが世界とひとつにまるく

調和のなかにいるかんじ、

またこうして感じられるようになったのは

なんでなのかと思ったら

どうにも世界は、自然よりも、地球よりも

世界はひとでできているのだと

そんなことを、思いました。

 

わたしの世界は、生まれてからずっと

父と母がいる 世界だった。

サンさんとともに父が旅立った日に

まったく知らない世界が始まって

その世界にいるじぶんは

そこにほとんどいないで離れて

そこにいたい強い思いもてないまま

遠くからリモコンで自分を動かして

しのいでいて、

 

前の世界には戻れないのはたしかなぶん

父やみんなのいない世界、慣れるしかなく

ゆっくり、じっくり、馴染んでいって

ちょっとずつ、乖離の距離は縮まって

いまこの世界を、リモコンじゃなく

自分のなかに入って歩き出したのが 漸くのとき

 

自分のなかに入って歩き始めた世界が

まったくまた違う、新しい世界になったのが

ときめくひととの出会い、

うまれてから三度目の、初めての世界のはじまり

 

環境よりも、ニュースよりも、夢よりも、何よりも

絶大的に目の前のいま じぶんの世界をつくるのは

ひととの出会い、そのひとの存在

 

思えば、父が旅立ったとき

電気もガスもお金もなにもなくなっても

父がいるなら、いままでと何も変わらず最高に

最大にしあわせに暮らせると、なんども思って

そのときなんどもそう思ったのは

いま感じていることと、同じ意味なんだと、

いま、思います

 

ものよりも、ことよりも

はるかに大きい、ひとりのひとの存在

 

ひとりひとりが、

だれかの世界をつくっていて

そうして、世界は数珠つなぎにからまりあい

まるまって、ひとつで多次元で、

おもしろい

この世界はやはり、

ひとなんやと、思います。

 

世界を構成している、ひとり、ひとりの存在

そのひとりであるじぶんが

いつ誰の世界になるかわからないから

もしものとき、またすでにの場合も

じぶんを澄まし、光らせること

それだけが、誰かに、世界に、

じぶんがいま、できること

 

じぶんを、どうか大切に

 

じぶんを大切にすることは

自分勝手とは違う

 

じぶんを輝かせる、嬉しいや 喜び

美しさにほどけ、未知とおどり

安心やくつろぎを感じて

幸せを、安心、大丈夫を放射することは

じぶんをこえて、

誰かのひかりに なるかもしれなく、

誰かの世界に、なるかもしれない。

じぶんはそれに、気づいていなくても。

 

 

6月のスケジュール
ご予約可能日 ご予約フォーム

トキノネ  日々のつぶやき

ほしのわメールマガジン

 

 

がまんより、あきらめるより、

じぶんのwantを生きることは、

勝手じゃない

 

自由に選び生きる

それはすべてのひとが産まれながらにもっている

時代も性別も環境もなにもかも関係ない

ひとをつらぬく 絶対の権利で

 

それを社会常識や ひとのめや

過去の体験や、なんやかんやで

権利を自ら手放して、通念に沿った生き方で

いちばんのほんとうじゃないなにかを選び

それに自分を注ぎ生きる、

正しいようで、しょうがないようで

しょうがなくない

正しさ、なんじゃらほいかもしれなくて

 

wantを生きることは、ほんとうは

なにも、難しくない

ほんとうは、息をするのとおなじ

光合成とおなじ。

 

じぶんには栄養、

世界には酸素がわたる

循環のどうり。

 

豊かな、安心の呼吸を

みんなが、息がしやすい、世界に

ひとりひとりの存在を、表現を、生き方を

認め尊重しあえる 社会に

 

 

 

---------------------------------------------

にじのわの日記とホームページ

新しいアドレスに変わりました

登録のご変更 何卒よろしくお願いいたします

スピリチュアルリーディング NIJINOWA

ホームページ http://nijinowa.love

にじのわ日記 http://nikki.nijinowa.love

---------------------------------------------

 










5月 ホールニューワールド

     乗鞍で  家族みんなでみた  雲海  のぼる  日の出

 

夏を思わせる暑さに汗ばみ

ときにぐっとの冷え込み、うずくしもやけ

よくわからない気温の変動に

五月特有の、爽やかに柔らかな晴れやかさ

それがあるときとないときの、あるときに

外にとびでて 全身で五月の粒子を吸い尽くし

その感覚の振動を うちに蓄えるような

そんなふうな 5月の春の日でいます

 

三宅洋平さんのfacebookの投稿で見た

デンマークの旅行会社が行なったDNA実験

とてもよかった

 

 

動画リンク https://youtu.be/gTMlnVx-PzQ

 

ほんとうに、そうしかない

国籍も信条も社会における自身の立場も

人間としての自分、他者からゆけば

すべては後付けのもので

そもそもの自分、他者という存在は

ひたすら無二で、ユニークな

カテゴライズをはずしてみれば

みんな、人間という、それだけで

 

もとは国なんて境界のないところから始まった、

家族であり、いまを未来へつないでゆく

共同創造の 仲間であって、

灰色の 分離ベースの

分断とジャッジング、支配と従属の

ピラミッドシステム、

意図的に無意識にあたりまえに

そのシステムが採用された社会

いまもなお続いているけど

 

ひとりひとりが自分を他者を

自分の後付けのフィルターで捉えることなく

そのひとそのもの、そのひと自身

そのひとの体の奥から全体へとひろがる

フィーリングを自分の胸で

わかろうとすれば

 

みえてくるもの、その認識は

みさせられたものじゃない

じぶんにとってそのままの、そのひとを

はっきりと内に、みることができる

 

そのひとをわかるのは

自分自身をわかるのは

 

頭での認識よりも

自分の胸から感じとることのほうが

はるかに、確かに

そのひとを、自分自身を、

わかることが できる。

 

 

5月のスケジュール
ご予約可能日 ご予約フォーム

トキノネ  日々のつぶやき

ほしのわメールマガジン

 

 

そうして、自分の予測や期待

通念のフィルターを通さないで

ただ自分のハートから

しんにそのひとをわかろうとするとき

それは同時にそのひとにも、それは伝わり

うまれる交流の発生を

じぶんもわかる。

 

そのここちを、ひとはみんな

求めていて、得られなくもなっている。

 

ゲリーがゆってた、この世界がこんななのは

みんなが承認を求めていて、それを得られないでいて

みんなじぶんからひとを わかろうとはしないから

ひたすら求める ばかりだから

 

ひとをハートでわかろうとしたとき

あいだをふさぐシャッターはあがり

そのひとがみえて、

そのひとに、自分がみえる

 

映画『アバター』で、大好きで深く残っている言葉

" I see you "  の意味

 

そうしてみんなが、みんなをわかれば

自分自身を、自分がわかれば、

 

「人」のカテゴライズさえもこえて

自然、動植物、地球、宇宙と

やわらかにみっちりとつながりあい

境界は消え、

その生命のひとつひとつが

自分の血管、細胞みたい

みんなは自分のいちぶであり

みんなから自分は作られているのをわかる。

 

あるときまではあたりまえであった感覚が

灰色の洗脳と操作をこえて

ひとりひとりの内に蘇ろうとしているとき

そのどっちをじぶんの真実として、リアルとして

選択するかは、みんな自分が選びたい方を選び

それを生きる、強制の外にある

流れにいまあるなかで

 

もうほんとうは、きっとみんな

頭ではない、自分の内のフィーリング

直感ともいえるそのほんとうを

もういよいよ、無視し続けるのが

きびしい時に、きているのではないかと思い

それでもの我慢で押し込めて

我慢と自分の本当との押し合いへし合いで

そこでぶわっとあふれでたさけびが

いまの社会、個人個人の目の前に

表れとして現れて、展開をしていて

 

じぶんにきびしい、他者にきびしい

きびしさのフィルター

粉々にめがねを割るように

そのまま、そのままを

視力をぼやかし 思考をゆるめて

胸を通し ただ感じ わかること

 

そのシンプルから

そのなかでの自分のほんとう

それに沿って自分をあれば

自分を生きれば

ゆきたい道、ゆきたい方へ、自分は進み

 

自分のほんとうを選び生きるありかたが

だれかの意識の目にとまり、

だれかの胸をノックし動かし

まただれかがそれを見て

いちばんのほんとうを 選び生きる

 

その連鎖のさき

フィルターからのカテゴライズじゃない

互いをみとめ、わかりあう

共感 理解からの認識と

そこから世界が構築される 流れのなかに

全体どうっと入っていると、感じます。

 

きびしさより、

じぶんのこころが向かうほう

よろこび、美しさを感じるほう

じぶんのいまに見ることを

ほんとうを生きることを

じぶんにゆるす

現実がどんなでも、

そのほんとうに沿うかぎり

絶対に、生存級まで困ることはない

それどころか、我慢で得られる何か以上の

ミラクルなる豊かさを

自分をこえた全体から、共時性を通して

享受すること、可能になる

 

どこをみるのか

ほんとう それだけ

 

自分のいちばんのほんとう

それは現実 困難さを感じるものであったとしても

それでものとびこみで

自分のほんとうを生きるとき

そこで発揮される タマシイの創造性

広大で つきないちから、無二のユニーク

それはものごとよりも、現状よりも、なによりも

なにが一番、世界をつくるか

そのすべてをつくりあげている

自分自身、自分のタマシイを

いま目の前に、知ることができる

 

すべてへのいとしさ、感謝から

この世界を 眺められる

 

豊かさの創造、そのなかにいる喜びを

日々のひとつひとつの瞬間に

むちゃちゃを つよく、深く願い

 

むかう世界、うまれるハーモニーのひびき

耳をすませて、ゆきたしです。

 

 

 

---------------------------------------------

にじのわの日記とホームページ

新しいアドレスに変わりました

登録のご変更 何卒よろしくお願いいたします

スピリチュアルリーディング NIJINOWA

ホームページ http://nijinowa.love

にじのわ日記 http://nikki.nijinowa.love

---------------------------------------------

 










4月 春よ、来い

  春に旅した尾道 猫を愛で、海沿いのお店で鯛茶漬けたべる

 

大阪で暮らしていた時、岡山の実家へは

年にいちにど 帰るか帰らないままかだったのに

父とサンさんが旅立ったその年はなぜか

年明けから、夏のその日の前日まで

毎月のように帰省しては、長い期間滞在し

とくにその年の春はもう、桜やタラの芽

実家での記憶がぎゅうぎゅうに鮮やかに

みんなとの思い出がつぶつぶにはちきれる

どこまでも幸せな春の日が

むちゃちゃちゃ、大きく、強く残り

 

夏の同じ日、父とサンさんが体を離れ

世界がまったく知らないものにかわってから

その年の春の記憶と、この目の前の春の今が

もう絶対に、重ならないことが

とてもつらく

春はめっきり、帽子を目深にかぶるみたい

美しさやよろこびを感知する感性を

意識的に、にぶらせてしまいます

 

家族とは、バンドのようで

ひとりがはなれると、

同じ曲は奏でられても、

同じ演奏はもうできない

そのひとがいる

ほんとうに、ほんとうに、

おおきくて

かけがえがなくて

 

家族でなくても

つながりあう、ひとりひとりの存在

そのひとが奏でる音、音楽は

世界にひとつ

それを聞ける、触れられる

それをいつだって、

あたりまえに 思いたくない

 

真剣に、耳を、意識を

まっすぐに傾けて

むきあいたい

 

出会えたそのときを感謝して

そのひとの存在を 祝福し

そのひとの存在に、

感謝の想いを 送りたい

 

 

4月のスケジュール 桜
ご予約可能日 ご予約フォーム

トキノネ  日々のつぶやき

ほしのわメールマガジン

 

 

先月はほしのわメールマガジン

一通も配信なく、申し訳ありません

どんなこともお気軽に、ほしのわのフォームより

ご質問や疑問のメッセージ、お待ちしています。

 

世の中の動きと現れ

ドミノ倒しの勢いですが

自分の軸を中心まっすぐかっちり貫き

自分自身のリズムとペースで

いまを、一歩を。

 

 

 

---------------------------------------------

にじのわの日記とホームページ

新しいアドレスに変わりました

登録のご変更 何卒よろしくお願いいたします

スピリチュアルリーディング NIJINOWA

ホームページ http://nijinowa.love

にじのわ日記 http://nikki.nijinowa.love

---------------------------------------------

 










3月 あの鐘を鳴らすのはあなた

            レッツ キープ おんばしら

 

春の嵐にはこばれて3月

スライスしたたまねぎを外で干したら

あっというまにひょろひょろになりました。

たまねぎもそうですが、水分の多いお野菜は

少し干してから弱火で炒めると

はごたえ残りながら甘みとこくがアップして

とてもおすすめです。

 

ここ最近は、地蔵のようになってしまい

あふれる情報からはなるべく距離をおいていても

大阪の行き帰り、電車のなかや、街をあるくと

世の中、街の様子、ひとの変化に

けっこうな衝撃をうけ

はらはらと泣きながら自転車をこぎ自宅へもどると

たまねぎのようにひからびた自分に気づき

干し芋をもくもくと食べ、

水分(平安)をとりもどそうとする、毎日です。

 

目の前がほんとうにほんとうなのかと

漫画の描写にある、手で目をごしごしするような

過去からきたひとが未来を目にするおどろきを

現在の現実にじゃんじゃん感じる

今年に入り、その衝撃度はあがるばかりで

それはじぶんの目の前だけでなく

ラジオで知るニュースや

インターネットからの情報ふくめ

そのおかしさ、尋常じゃなく、

秩序の崩壊を 感じるものなのに

あちらの秩序で押し通せていること

その信じられない現実は

情報で知ることも、目の前でみることも

相通じているぶん、胸がいたみます。

 

そうしたはれない悲しみ、

やまない胸のいたみから

ぐったり地蔵へと向かってしまう

それはじぶんだけではないと

つながるひと、かかわるひと、

会ったことのないひとからも、

ひしひしと、感じます。

 

ぱたっと胸を閉じてしまえば

入ってくるものは遮断され

いったんはしんとらくになりますが

けれどそうして閉じてしまうと

エネルギーの巡り、循環おきず

じぶんの感性、魂は

コチコチになって しまいます。

 

しんどくても、へこたれないで

感じることをやめなければ

流れ星や虹みたいにぎらりと現れる

日常に起こる奇跡

ちゃんと出会い 受け取れる

感じなくなってしまうと、

いいもとまどいも、入ってこなくなります。

 

感じることはしんどいけれど

感じないよう閉じるのは、

閉じるだけだから簡単で

結果らくにもなる、

けれどその閉じた状態が続いた場合

それがあたりまえになってしまうと

添加物に舌が慣れてしまうみたい、

麻痺にちかい状態ともいえて

肉体は、その影響を 否応なく受けることに

 

リトマス紙の感覚を 胸の内に保ちつづける

そうすると、おこることに対し、そこでの見極め

選択や対応、自分の意思で 可能になります。

 

 

3月のスケジュール 梅
ご予約可能日 ご予約フォーム

トキノネ  日々のつぶやき

トキノネ 疑問やご質問 お待ちしてます。

 

 

これからの世界

いまの世界に誰も希望がみれなくなったら

ほんとうにえらいことなので

いまはどうにも見えずらくても

ないように思えても

じぶんがじぶんであるかぎり

それが、希望だから

その希望を、外側でなく

じぶん自身に 確認し

守られて、負けないでと

そんな、想いです。

 

 

---------------------------------------------

にじのわの日記とホームページ

新しいアドレスに変わりました

登録のご変更 何卒よろしくお願いいたします

スピリチュアルリーディング NIJINOWA

ホームページ http://nijinowa.love

にじのわ日記 http://nikki.nijinowa.love

---------------------------------------------

 

 










2月 うみの声

たちよった平戸の浜辺、この先からうまれる悲しみに、胸がしみる

 

節分の日、むちゃ残るんやろなと

こころかたくして売り場を横ぎる

翌日にはそのことが問題視もされていて

みんなどこかではおかしさを感じているのか

そんなにはなのか、

 

アリスのお茶会のように、なんでもない日を祝えたら

こんなに過剰にイベントごとを軸にしなくても

なんでもないひびがいまあることのしあわせを

丁寧に はぐくんで、みがきあげ

うまれるやわらかなまっすぐな輝きを

毎日の営みに、じゅうぶんにみること

できるんじゃなかったか

 

美徳とされる、あるものだった、慎ましさ、

「もったいない」が世界語にもなった にほんの精神

そういったすこしまえまではなんにつけの骨子となった

「おもてなし」へもつながるであろう

ひとつひとつのものやこと、ひとへ対する、おもいやり

そんなあたりまえにあった大切が、とくにここ数年のうち

ひどく稚拙な巧妙さで、すうっとぬきとられてしまったように

イベントごとだけでなく、ひびのあらゆることのなかに

こころのなさを、感じてしまう。

一見は、こてこて、ぎらぎらで

なんだかよいようにもみえるけど。

ぜんたい、ぺたっと、のっぺりとしてみえる。

 

小説『モモ』では、灰色の男たちが

街を人をひとの意識を

システマイズして管理して搾取して支配する

その男たちは実際にいるとしか思えない、いまの社会

彼らが無駄と考える、ひとりひとりの内から発露するものが

世界をほんとうは、いろどりカラフルにユニークにし

無二のものがうまれる豊かさを、みんなでわかりあえるのに

ただ与えられるもののなかでなにを選ぶか以外になければ

どれをなにを選んでも、ペプシかコーラかの違いなだけ、

 

過剰な添加物で味覚がまひしてしまうのと同じに

守られてきた精神性、独自の固有の感性が失われれば

ぜんたいフラットに、世界はくすむ

化学的な味やその度合いを感じ取れるセンサー、

素材のもつ美味しさをお塩ひとふりだけで

しっかりと味わえる感覚を、

自分の内に 守らなきゃいけない

 

味覚に例えたけれど

感覚のまひの広がりは、

かなり衝撃的に進んでいるように思う

 

ありえなかったことがあたりまえになり

あたりまえになったことの

もしかしたらほとんどが

灰色の銀行に

自身の大切なエネルギーと時間と魂を

注ぐことに、なっている

 

無意識にも、自分は彼らと契約をしていないか

だとしたらどれくらいの大切を奪われていたのか、いるのか

いまじぶんがあたりまえに日々のなかでしていること

それをいまいちど、確認しないと

使われる一方である限り、全体の形勢は、かわらない。

 

じぶんがじぶんでありつづけるのは

じぶんのためをこえた、

ゆがみのない、調和のなかできざまれる

ときと意識とエネルギー

それがかたちとなって現れる

世界のため、全体のため

守りたいひと、守りたいこと、守りたいもののため

 

2月のスケジュール
ご予約可能日 ご予約フォーム

トキノネ  日々のつぶやき

トキノネ 疑問やご質問 お待ちしてます。

 

INDEEPさんの記事で知った原油流出の事故

日本ではほとんど報道されていないとあるけど

こんな重大なことより優先してまで

メディアで流されていることのどれだけが

ひとりひとりの暮らしや社会に直結するのか

そのかみあわなさをぶっちぎって成り立たせている

いま見える、現実ぶぶんも含めたうえで

そうであったとして、そのうえでの

いまじぶんはなにができるか

 

イベント商戦で発生するもったいないも

海の汚染、その悲しみにかたまっても

名護市長選の結果を名護のひとにみるんでなく

核爆弾の小型化を高く評価する、との声明も

 

そのうえでの、じぶんは

そのうえでの、可能性を

じぶんの核なる価値、感性、視点から

意識の目でみきわめて

じぶんができうる、ひとつひとつを

いまに。めのまえに。
 

---------------------------------------------

にじのわの日記とホームページ

新しいアドレスに変わりました

登録のご変更 何卒よろしくお願いいたします

スピリチュアルリーディング NIJINOWA

ホームページ http://nijinowa.love

にじのわ日記 http://nikki.nijinowa.love

---------------------------------------------

 

 










ほしのわメールマガジン

 

ほしのわメールマガジン

今までよくわからない突発的な便りでしたのを

ご質問を募集し、それにお答えするかたちの内容で

今年はすくなくても月に一度以上の配信、

試みたく思っています。

 

昨年末、うっかりぼんやりから

にじのわを始めた頃から使用していた

独自ドメイン(mahotukai.com)を失ってしまい

ほしのわのメーリングリストも

ドメインの削除と同時に消えてしまいました。

ご登録いただきましたメールアドレス

こちらの不手際からこのようなことに

大変に、申し訳ありません

 

今年に入ってからのお申し込みは

登録無事完了いたしております。

去年までのあいだにご登録を頂いております場合

再度お手数をおかけしますが、

こちらほしのわフォームより

お名前(本名)とお使いのメールアドレス

お知らせをいただけましたら幸いです

 

(メールマガジンの内容を、一方的な配信から

ご質問を軸にしたかたちへ切り替えるにあたり

今後ほしのわへのご登録は

一年以内にセッションまたはワークショップを

お受けいただいた方に限らせていただきますこと

ご了承ください。)

 

ほしのわのフォームでは

みんなとシェアが可能なご質問、ご相談など

随時募集をいたしております

なにか気にかかることなどございましたら

ほしのわのフォームより

お気軽にメッセージお送りください

 

個をこえて つながりあい動いてく

アメーバをおもい

これからも、にじのわ、ほしのわとも

どうぞよろしくお願いいたします。

 

にじのわ 桑原朱里

 










1月 犬は吠えるが キャラバンは進む

              小沢健二 『痛快ウキウキ通り

 

----------------------------------------------------------

 

にじのわの日記とホームページ

新しいアドレスに変わりました

登録のご変更 何卒よろしくお願いいたします

スピリチュアルリーディング NIJINOWA

ホームページ http://nijinowa.love

にじのわ日記 http://nikki.nijinowa.love

 

----------------------------------------------------------

 

新年あけましておめでとうございます

始まりの空は夕刻まで青いまま

太陽の輝きはまっすぐに注がれて

ふらりとでかけた鴨川のほとりでは

老若男女にわんこも鳥も魚も

生命のまぶしさしか見えませんでした

 

青い空が始まると 特に休日は

すかさず四方に撒かれるエアロゾルも

さすがにお正月はお休みなのか

昨日今日と そのままの空の色を眺められる

その貴重さに、お正月に感謝しました。

 

ひとの顔もオーラもこころも

年々その濃淡が際立つなか

今日みたいな、

コントラストすら輝きで

ただただまぶしさのワントーンに

ひとを世界を輝かせる、

太陽と空のちから

灰色の休日あって それがよりまっすぐに注ぐとき

世界の表層をこんなにも変えるなら

 

みえないマトリックスのプラグ

意識に張り巡らされたにょろにょろを

みんななんじゃこりゃと抜き取って

深層部まで周到にアプローチをかけてくる

集合意識を取り巻く灰色の覆いがとっぱらわれ

ほんとうの空がみえるとき

ちゃんと世界は

調和のほうへと舵をきる

その潜在的な可能性を

ひとと空と太陽にみた、元旦でした。

 

今年はよりその濃淡の現れも

個人から社会、世界ぜんたい

さらに極端なほどはっきりとしてくるであろう

2018、

そこで三角にいる灰色ポイントも

ひとしくそれそのものを表すとき

それまでそれでも無関心でいられた度合いを越してくる

反応せずにはいられない現れがひろげられ

それ自体は毒めく苦味ある困難さを持っていても

それが気づきをうながす反転の機会にもなり

そこから、それからの先は

三角の一点じゃない

球体としての、全体の想い、良心と良識が

バランスと調和へと、世界を構築してゆく

そのきりかわりの年になるのではと感じます

 

向かうさきは 絶望でなく可能性がある

みえなくてもみづらくても

瞬くひかりが内にあるかぎり

それが自身を、つながる大切なひとたちを

新しい世界へと 向かわせるから

これからさき、

希望はひとりひとりにあると 信じます

 

瓦解のなかも、その現れが白目をむきそうでも

しっかりと意識の焦点は自分のこころに

そうして自分が自分であるかぎり

きっとほんとうに、大丈夫だし

光も希望も美しさも豊かさも喜びも自由も安心も

自分の内に 死守することで

それを未来へ、つないでゆけるから

 

その守り手の心意気というか

それは自分と世界への責任ともいえるけど

そうして自分が自分であることが

大切を守ることであり、大切を生きることだから

 

だから今年、力みは随所にうまれても

そのうえで、たのしもう、あじわおう

よろこびをわかりあうよろこびを

生きようとしよう

そんな、胸がうきうき熱くなるほうへ

自分の歩を向け 進めてゆきたく

犬は吠えるが キャラバンは進む。

くねくねした小沢君のダンスのように

自由に、熱く

今年のわたしの抱負です。

そう、昨年は、

誰とも会わず、実家も一泊しか帰らず

ガイドも、宇宙もほぼ求めず、頼ろうとせず

なのでほとんど声もなく、

父もサンさんもなるべく見ないようにして

ひとりをつきつめきった一年でしたが

今年はひとと、世界とつながりあって、想いを交わして

ドリフターからキャラバンになる年にしたいです

 

1月のスケジュール 正月
ご予約可能日 ご予約フォーム

トキノネ  日々のつぶやき

 

ひとりひとり、じぶんの内にあるものを生きる年

そこで見える触れる世界が

燦々サンシャインに輝くいまでありますように 太陽

 

にじのわ 今年もよろしくお願いいたします。

 










12月 降っても 晴れても

  たいせつな夏の記憶。霧雨のブルーベリー狩り。

 

再びの夏を迎えてからこの数ヶ月

確認するようにひびおもうことは

一年たったんだ  という、

去年のいまごろの自分から

いまの自分

夏から秋、そして12月

去年のそのころの  ほとんどこの世にいない

からだだけが残ってひっかかっているような

自己消失にちかい意識でいた毎日から

よくいちねん、生きてきて、いまがあって

 

なんというか、

肉体の存在について

肉体のもつ、自身を生かし続ける意志と行使力

じぶんの意志、意識とはべつの

肉体自身の絶対性と権限で、このいちねん

幽霊状態のわたしの足首にしがみつき

船のいかりのように ここにとどめ

そしてわたしを今日までひっぱってきてくれた

肉体のがんばり、

それがあってのいまなんだなと

 

あなたの体は9割が細菌』いう本を

読んだのをきっかけに、

自分をつくる細菌とたべものに

より真剣に取り組み始めたこともあいまって

 

わたしをうみ育ててくれた

両親とおなじに

わたしを生かそうとする強い意志から

わたしを生かしてくれているということを

宇宙から地球をはじめてみるみたい

それまでのあたりまえと違う認識、

独立した たしかな存在として

じぶんのからだを

うまれてはじめて、感じています。

 

一年前を思うたびに共通して思うのは

一見かわらないかんじをつづけながら

よく生活していたということ

それまでと変わったのは

ひとと会わない、ライブもあまり行かなくなって

けど仕事やひびの暮らしは

ここ数年とかわらないように過ごしていて

かわってないようで、わたしはわたしに参加してなくて

いつ離れてものほうばかり、願うほどに思いながら

目の前を生きることに、ヒーヒーでいて

それはまだそんなに変わってないともいえるけど

一年前よりは、だいぶ、だいぶ違うのを

去年を思うたび、いまの自分に感じます。

 

実際の変化としては、時と場所関係なく

だらだらと涙がでつづけなくなったこと

そのぶん、声にだして父を呼ぶことが増えたけど

泣いてすごすよりはだいぶよくて

けどそれも、なんの理由がないときも

呼ばれ続ける父はとまどうやろなと今日気づき、

それもひかえようと決めたところです

 

涙、呼ぶのも、もうたよらない

ここまでひっぱってきてくれた肉体と

ここにある自分の意識に

こたえも解決も道の標べもアイデアも

ぜんぶ あるから

たよらないで、よりよりじぶんを、ぐっとみて

じぶんをたよりに

一年経った12月のいま、いちにちを

覚悟をもって

一歩一歩を、しんじて歩いて ゆきたいです。

 

にじのわスケジュール更新しました

12月のスケジュール クリスマス
ご予約可能日 ご予約フォーム

トキノネ  日々のつぶやき

 

ことしも一年、じぶんを生かしてくれた肉体に

ようようがんばったねと、ねぎらいの想いを

感謝のリラックスのときを

プレゼントを渡すみたい、たんとじぶんに。

忙しい時期ではありますが

みなさまどうか、自分とからだ、

ほっとの安らぎある 師走のときを。

 

 










| 1/5PAGES | >>