未来をつくる。



今月17日、喫茶さばのゆ温泉
フリージャーナリスト志葉玲さんの
ガザ現地取材報告会、
開催することになりました。

いまなにが起こっているのか
知ることで変えられる
知らなければ、変わらずに維持し
継続される、暴力と搾取ベースの
経済の仕組み、戦争のからくり

見ない、気づかないでいたことを
ひとりが何かを気づいたら、
かならずその振動は、伝搬するもの。

まずは知ること、そして、そのうえで
いまできうることを考え、動いてく

それがほんとにささいな一滴でも
その一滴のありかたがあるのとないの
それを遠くから離れてみればみるほどに
その一滴の作用の大きさ、一滴の意味、
うまれる波紋をわかります。

戦争は、政治や経済、灰色しだいなんじゃない
生きたい未来をひとりひとりがつくってく
自身のちからを自分にみるために、
そのちからは
自身の必要からうまれるものだと思うから

ぜひたくさんのかた、お越しを頂きたいです。
皆様のご参加、お待ちしております。

志葉玲さん ガザ取材 報告会

喫茶さばのゆ温泉は、週末の二日だけ、不定期で
ヤマサキさんと桑原ふたりで営業してるお店です。


 









『Canta!Timor』at yobareya



昨年末、喫茶さばのゆ温泉で開催した
映画『カンタ!ティモール』上映会
うれしきご縁のつながりで、
今月の26日と29日
新町のカレー屋さん、yobareyaさんで
映画の上映が決定しました。
現在予定されてる関西での開催はこの二日、
今が変わる、未来をつくる、作品です。
この機会、ぜひ。

【カンタ!ティモール】上映会
日程 3/26(水) 3/29(土)
満席
場所 yobareya
時間 開場19:00 上映19:30〜
料金 1800円(おやつとドリンク付)
*各回定員15名です
*上映終了後、500円でカレーもオーダー可能です

*ご予約、お問い合わせはメールにて承っております
【E-mail】info@yobareya.com

(または桑原までメッセージください。)

映画終了後にお食事頂けるyobareyaさんのカレー
細胞ほどけ、リラックスで眠たくなる、
やさしくて、とても不思議なカレーです。
街に洞窟、音の響きに包まれる空間も安心で

上映会の日、またお近くお越しなられた際は、
ぜひぜひご体験をと想う、
出会えてよかったってなるお店です。

yobareya.com
 









Canta!Timor 上映会


Canta!Timor(カンタ!ティモール)
開催日:12月29日(日)
会場:さばのゆ温泉
http://forest.cafesaba.info
住所:大阪市福島区福島2-9-10 地図アクセス) 
料金:1500円
自家焙煎うたかた珈琲さんの東ティモールコーヒー
天然酵母どいぱんさんのクッキー付き
定員:各部20名(中学生以上の方が対象です)
要予約:フォーム / FB「参加する」をクリック
(定員に達し次第、受付は終了とさせていただきます)


≪第1部≫
開場:11:30
映画上映:12:00〜14:00
※映画終了後入れ替え制となりますが、ご希望の方は
17時からのシェアリング ご参加をいただけます。

 
≪第2部≫
開場:14:30
映画上映:15:00〜17:00
シェアリング:17:00〜
 

第2部上映終了後、
東ティモール人ジュジュさんをお招きし
ジュジュさんへの質問や
映画を通し、また日常のなかで
感じていることのシェアリング、
それから輪になって、みんなでテベを踏みならして
みんなでわいわい繋がり合う
互いをわかりあう交流会、
東ティモールコーヒーや喫茶軽食
一階パンニャさんのカレーもお楽しみ頂けます。


上映会開催にあたって



 
東南アジア・東ティモールを舞台に、
大地との絆を描くドキュメンタリー。
1999年までの24年間で人口の3分の1を失うという、
狂気のような殺りくを受けた東ティモール。
消えない悲しみを抱きながら、許すという選択を
した人々の姿が、美しい音楽と共に綴られる。
日本が深く関わりながら、ほとんど報道されなかった
東ティモール問題を取り上げた、国内初の作品。
世界中で起こっている資源をめぐる争い。
そのからくりから抜け出すことが出来るのか?
今を生きる私達全てに問いかける。

【カンタ!ティモール】公式ホームページ
監督/広田奈津子 制作・音楽/小向定
監修/中川敬 SoulFlowerUnion
南風島渉(フォトジャーナリスト)

 









カンタ!ティモール

(2回目の上映会開催にあたり、加筆修正しました)



あまりに情報量が多い
どのシーンもが 目に意識に焼き付いて
うまれる振動 つねに新しく内側をふるわせる
そこにあるものを、
ほんとうは、わたしたちは 知っていて
ただ、この目の前の今を生きるなかで
忘れてしまっている

過去からいま、そして未来
あらゆる瞬間に存在し
この世界を満たしている
人がこの地に生かさせてもらっている
目にみえない意思
目にみえない力
働きかけ

経済というシステムが踏み入る前
その目にみえない存在
みえない力は
あたりまえに人のそば
ひびの暮らしのなかにいて
人はその力の宿る、海と大地、自然に対し
畏敬の念を持ちながら
恵みと育み、生かされている、その毎日を
感謝とともに生きてきた

共存、均衡
すべてはバランスのもとに
めぐり続ける巡回のサイクル、
この世を成り立たせているしくみ
人間以外の生きるすべては
あたりまえにそれをわかっているのに
人はそのしくみを忘れてしまったことで
世界のバランスは失われ
辿る近い未来の可能性を、
映画のなか、触れることができる。

作品を通し呼び覚まされる
わきあがる感覚を
いくらも言葉にできなくて

古代から今
静かに脈々と受け継がれてきた
神聖なる叡智
その見えない精神性を
自分には、想像もできないような、
壮絶な状況下で体現して生きる、
東ティモールのひとの姿
語られる言葉、その奥に深く広がる
消えることのない はかりしれない悲しみ

光と暗闇、
目映い映像として心へ飛びこむ
循環する血のように
たえまなく、ながれ続ける音楽
音、ダンスの力
インドネシア政府が何よりも恐れたのは
大地を踏みしめ、輪になって踊るテベ

忘れている
でも今のとき
もう一刻でもはやく
思い出す必要をおもう
自身の内は知っている
目に見えない力、その作用
いま、触れる人
ひとりでも増えれば
たくさんの命が失われることで
なされる平和と
違う未来があると、
この希望そのもののような作品は
みるひとの、
魂のスイッチを押すのだと
私はむちゃ、押されてから
この作品に出会えたこと
感謝をこえて、
そして言葉、ならなくなります。


おまえが暮らす大地を敬い
神々とともに暮らしなさい
そうすれば、人は繋がっていく
その先で 私たちはまた会える


その日、ひとつの空間で
集ったみんなと映画をみる
そのとき、不思議ななにか
きっとご体感を頂けるとおもいます。
ご参加、お待ちしております。



 









むきたまごワークショップ

     

内なる葛藤にむきあいとりくむ
葛藤ワークショップを開催します!


むきたまごワークショップ
開催日:2013年3月24日(日)
お時間:10時〜15時00分
開場:大阪市内(後ほどご連絡いたします)
参加費 :5000円
ご予約:フォームからお申し込みください


今回のワークショップでは
内なる葛藤を脱ぎおとしてゆくことに
全エネルギーと意識を向けて
時間の限り、ワークをつづけます。
(心からの意図と集中力が必要になります
ご希望があれば、魂に触れるワークも行います)

急な開催になりましたのは、
とにかく今月来月中に
いかにつるつるサラサラになっているか、
めざすはむきたまごのつるつるさ
じゃがいもでいう、芽がはえるところを
完全くりぬく感じでしょうか。
(芽がでるとソラニンが発生します)

魂を覆う葛藤という服、めがね
脱げるもののすべてを脱ぎきりはずしきり
なるたけ一糸の葛藤も残らぬよう
それら葛藤に意識的に取り組むことが可能なのが
今月、来月。
もうほとんどないけれど、これからに比べれば
まだぎりぎり余裕をもって、葛藤にとりくめる
ひとつのおわり 最後の猶予期間です。

4月、5月をどんなじぶんでむかえるか、
この期間の重要度
のっぴきならない重みを感じております。

今、ひびのなかに、重みや粘度やとどこおり
無力やあせり、サラサラすっきりが感じられないかた
ご参加、お待ちいたしております。

もう一刻も、すっきり爽快、
風の眩しさをぐいぐいあびて歩けるよう
あらゆる穴もバナナもひょいひょいよけて歩けるよう
どんなじたいがおこっても
ケンタウロスの足腰でいられるよう
中心軸から、魂として今を100生ききるために
もう葛藤、ほんとう完全さらば、ありがとう。にて
今週末ワークショップ
わたしも気合いめらめらに、参りたくおもっております。









ありがとうございます

『カンタ!ティモール』
大阪上映会終了しました。

午前の部では、画面の不具合
設置確認のミスにより
大変なご迷惑をおかけしてしまい
申し訳ありませんでした。
この場を借りて再度、
心よりお詫び申し上げます。
それにも関わらず、上映会終了後
皆様笑顔でお声をかけてくださって
ほんとうに、救われる思いでした。

午後の部では、
東ティモール人ジュジュさんをお招きし
Q&Aと映画のシェアリング、
最後は手をつなぎテベを踏み
作品を皆で観ることができて
思いをシェアすることができて
感謝で胸がいっぱいです。

この作品が、これからも
人から人へと繋がりゆくこと
大地とのつながり
この地で生きる上で忘れてちゃいけない大切なこと
生きるひとの胸に息吹くことを思い
その一滴、一点に、自分もなれるよう
これからもっとよく考え
動いてゆきたいです。

週末の貴重なお時間、
大阪上映会にご参加頂きましたみなさま
ジュジュさん、エメメさん、イノチコアminaさん
油野美術館佐々木さん
他上映会のご紹介、RTやいいねをおしてくださったり
励ましやお気持ち、メッセージをくださったみなさま、
心から、心から感謝です。


みんなでテベをおどっているところ
上映会、一枚も写真とれないままでして
エメメさんのツイートから勝手にお借りしました。










上映会のお知らせ

※大阪上映会 お申し込み定員に達しましたが、
急遽午前にも上映会を行うことになりました。
午前の部 10時30分会場、10時45分開始になります。
上映後のシェアリングのお時間はございませんが
ぜひこの機会、皆様のご参加お待ち致しております。



Canta!Timor(カンタ!ティモール)

[開催日] 12月23日(日)
[スケジュール]
13時開場 イノチコア雑貨販売(缶バッチ トートバッグ)
      佐々木さんのカレーとおしるこが食べられます
14時〜16時 映画『カンタ!ティモール』上映(110分)
16時〜17時 シェアリング
[会場] 油野美術館 http://yunobi.blogspot.jp/
[住所] 大阪市福島区玉川4-5-27 
[アクセス] JR環状線『野田駅』地下鉄『玉川駅』(徒歩6分)
[参加費] 1500円(ワンドリンク付き)
[要予約](中学生以上の方が対象です)

ご予約フォーム or FBページ[参加する]をクリック
※午後の部は定員に達しましたため
午前の部(10時45分開始)のみのご予約になります


上映会開催にあたって
生きることをおもう すべてのひとに今 みて欲しい 映画です。





東ティモールで耳にした、ある青年の歌。
日本帰国後もメロディが耳に残って離れない。
作者は青年を探すため島へ戻る。そして一つの旅が始まった--------。

「ねぇ仲間たち。ねぇ大人たち。
僕らのあやまちを、大地は知ってるよ-------」

歌はこう始まっていた。直接的な言葉を歌えば命に危険が及ぶ、
インドネシア軍事統制下にひっそりと歌われた歌だった。


青年に連れられて、作者は島の奥へと入っていく。
そこに広がるのは、精霊たちと共にある暮らし。
太陽に照らされた、はじけるような笑顔の人々。


その一方で、人口の3分の1の命を奪ったインドネシア軍の
攻撃が濃い影を落とす。報道にのらない地下資源ビジネス、
日本政府の驚くべき行動。

「悲しい。いつまでも悲しみは消えない。
 でもそれは怒りじゃない。」

「日本、ティモール、インドネシア。みな同じ。
母一人、父も一人。大地の子ども。
叩いちゃいけない。怒っちゃいけない。」


弾丸が飛び交う中、人々は命をわけるように助け合い、
大地への感謝を歌と踊りに表し続けた。


自然を敬い、輪になって踊る、遠く懐かしい風景。


いつのまにか、ティモールの旅はそっと作者に問いかける。
愛すべきふるさと、日本の島々の姿を-----。


東南アジア・東ティモールを舞台に、
大地との絆を描くドキュメンタリー。
1999年までの24年間で人口の3分の1を失うという、
狂気のような殺りくを受けた東ティモール。
消えない悲しみを抱きながら、許すという選択を
した人々の姿が、美しい音楽と共に綴られる。
日本が深く関わりながら、ほとんど報道されなかった
東ティモール問題を取り上げた、国内初の作品。
世界中で起こっている資源をめぐる争い。
そのからくりから抜け出すことが出来るのか?
今を生きる私達全てに問いかける。

【カンタ!ティモール】
監督/広田奈津子
制作•音楽/小向定
監修/中川敬SoulFlowerUnion
南風島渉(フォトジャーナリスト)

Canta!Timor公式HP
予告編 YOUTUBE













選挙前座談会



選挙や政党について聞かれることが、
セッションや 他の場所でも増えていて
個人的にわかったこともあったりしまして
今週中、たぶん土曜か金曜日
にじのわ座談会を開こうと思っています。
テーマは『未来の話』です。

今回はメールマガジンでのご案内を予定致しております。
ご登録はこちらからお願いいたします。
ほしのわメールマガジン

※20世紀少年のお話もする予定です。









パンチェンラマについての講演&モモパーティー

チベット仏教僧によるパンチェンラマについての
講演×モモパーティー
5月19日(土)
18時〜21時(17時30分受付開始)
場所:仲間ハウス
住所:大阪市中央区谷町9丁目
3番11号 東谷町ビル1階
地下鉄谷町線「谷町九丁目」駅真上、
近鉄奈良線・大阪線「上本町」駅地下道連結
イベント内容:チベット仏教僧による
パンチェンラマについての講演、
その後チベット料理であるモモを囲んでの交流会
会費:1000円(モモ、ワンドリンク込)
予約:食事の準備などの関係で、
メールでのご予約をお願いいたします。
申込先アドレス:freetibetoosaka@gmail.com
申込フォーマット:氏名、連絡先
(メールアドレス、携帯電話)参加人数

パンチェンラマについてのお話を聞いたあと
モモ食べ放題!のチベットの会
谷9仲間ハウスにて開催です
お知らせがいつも遅くごめんなさい
残席があと6席、ぜひお早めのご予約を☆

パンチェンラマ11世 4月25日のお誕生日を
お祝いするイベントになります
パンチェンラマについて、詳しくは
こちらをぜひご参考ください
史上最年少の政治囚・パンチェン・ラマ11世
4月25日はパンチェン・ラマ11世のお誕生日










お花見のお誘い

Free Tibet お花見
日 2012年4月7日(土)
時 11時頃スタート
場 大阪城公園
1000円ぶんの飲み物食べ物各自持ち寄り

ほのぼの マイペースに
ところどころに面白い刺激もあるような
楽しきお花見の会になる気がします。
チベットに興味のあるかた、
のんびりみんなでお花見されたいかた、
お一人でのご参加もぜひぜひ ネコ

参加のご予定頂けます場合
当日の詳しい場所がきまりましたら
こちらからご連絡いたしますので
にじのわのフォームまたは
facebookイベントページまで
ご連絡先とお名前 お知らせください

バター茶イベントでお話をしてくださった
チベット人のリンチェンさんと
お友達のテンジンさん
ハートとても温かなおふたりも
お越しをいただく予定です

ぜひよかったら、
チベットのこと、日本のこと
今や未来、いろんなこと
気軽にお話いたしませう。

  












| 1/2PAGES | >>