1月 犬は吠えるが キャラバンは進む

              小沢健二 『痛快ウキウキ通り

 

----------------------------------------------------------

 

にじのわの日記とホームページ

新しいアドレスに変わりました

登録のご変更 何卒よろしくお願いいたします

スピリチュアルリーディング NIJINOWA

ホームページ http://nijinowa.love

にじのわ日記 http://nikki.nijinowa.love

 

----------------------------------------------------------

 

新年あけましておめでとうございます

始まりの空は夕刻まで青いまま

太陽の輝きはまっすぐに注がれて

ふらりとでかけた鴨川のほとりでは

老若男女にわんこも鳥も魚も

生命のまぶしさしか見えませんでした

 

青い空が始まると 特に休日は

すかさず四方に撒かれるエアロゾルも

さすがにお正月はお休みなのか

昨日今日と そのままの空の色を眺められる

その貴重さに、お正月に感謝しました。

 

ひとの顔もオーラもこころも

年々その濃淡が際立つなか

今日みたいな、

コントラストすら輝きで

ただただまぶしさのワントーンに

ひとを世界を輝かせる、

太陽と空のちから

灰色の休日あって それがよりまっすぐに注ぐとき

世界の表層をこんなにも変えるなら

 

みえないマトリックスのプラグ

意識に張り巡らされたにょろにょろを

みんななんじゃこりゃと抜き取って

深層部まで周到にアプローチをかけてくる

集合意識を取り巻く灰色の覆いがとっぱらわれ

ほんとうの空がみえるとき

ちゃんと世界は

調和のほうへと舵をきる

その潜在的な可能性を

ひとと空と太陽にみた、元旦でした。

 

今年はよりその濃淡の現れも

個人から社会、世界ぜんたい

さらに極端なほどはっきりとしてくるであろう

2018、

そこで三角にいる灰色ポイントも

ひとしくそれそのものを表すとき

それまでそれでも無関心でいられた度合いを越してくる

反応せずにはいられない現れがひろげられ

それ自体は毒めく苦味ある困難さを持っていても

それが気づきをうながす反転の機会にもなり

そこから、それからの先は

三角の一点じゃない

球体としての、全体の想い、良心と良識が

バランスと調和へと、世界を構築してゆく

そのきりかわりの年になるのではと感じます

 

向かうさきは 絶望でなく可能性がある

みえなくてもみづらくても

瞬くひかりが内にあるかぎり

それが自身を、つながる大切なひとたちを

新しい世界へと 向かわせるから

これからさき、

希望はひとりひとりにあると 信じます

 

瓦解のなかも、その現れが白目をむきそうでも

しっかりと意識の焦点は自分のこころに

そうして自分が自分であるかぎり

きっとほんとうに、大丈夫だし

光も希望も美しさも豊かさも喜びも自由も安心も

自分の内に 死守することで

それを未来へ、つないでゆけるから

 

その守り手の心意気というか

それは自分と世界への責任ともいえるけど

そうして自分が自分であることが

大切を守ることであり、大切を生きることだから

 

だから今年、力みは随所にうまれても

そのうえで、たのしもう、あじわおう

よろこびをわかりあうよろこびを

生きようとしよう

そんな、胸がうきうき熱くなるほうへ

自分の歩を向け 進めてゆきたく

犬は吠えるが キャラバンは進む。

くねくねした小沢君のダンスのように

自由に、熱く

今年のわたしの抱負です。

そう、昨年は、

誰とも会わず、実家も一泊しか帰らず

ガイドも、宇宙もほぼ求めず、頼ろうとせず

なのでほとんど声もなく、

父もサンさんもなるべく見ないようにして

ひとりをつきつめきった一年でしたが

今年はひとと、世界とつながりあって、想いを交わして

ドリフターからキャラバンになる年にしたいです

 

1月のスケジュール 正月
ご予約可能日 ご予約フォーム

トキノネ  日々のつぶやき

 

ひとりひとり、じぶんの内にあるものを生きる年

そこで見える触れる世界が

燦々サンシャインに輝くいまでありますように 太陽

 

にじのわ 今年もよろしくお願いいたします。