3月 あの鐘を鳴らすのはあなた

            レッツ キープ おんばしら

 

春の嵐にはこばれて3月

スライスしたたまねぎを外で干したら

あっというまにひょろひょろになりました。

たまねぎもそうですが、水分の多いお野菜は

少し干してから弱火で炒めると

はごたえ残りながら甘みとこくがアップして

とてもおすすめです。

 

ここ最近は、地蔵のようになってしまい

あふれる情報からはなるべく距離をおいていても

大阪の行き帰り、電車のなかや、街をあるくと

世の中、街の様子、ひとの変化に

けっこうな衝撃をうけ

はらはらと泣きながら自転車をこぎ自宅へもどると

たまねぎのようにひからびた自分に気づき

干し芋をもくもくと食べ、

水分(平安)をとりもどそうとする、毎日です。

 

目の前がほんとうにほんとうなのかと

漫画の描写にある、手で目をごしごしするような

過去からきたひとが未来を目にするおどろきを

現在の現実にじゃんじゃん感じる

今年に入り、その衝撃度はあがるばかりで

それはじぶんの目の前だけでなく

ラジオで知るニュースや

インターネットからの情報ふくめ

そのおかしさ、尋常じゃなく、

秩序の崩壊を 感じるものなのに

あちらの秩序で押し通せていること

その信じられない現実は

情報で知ることも、目の前でみることも

相通じているぶん、胸がいたみます。

 

そうしたはれない悲しみ、

やまない胸のいたみから

ぐったり地蔵へと向かってしまう

それはじぶんだけではないと

つながるひと、かかわるひと、

会ったことのないひとからも、

ひしひしと、感じます。

 

ぱたっと胸を閉じてしまえば

入ってくるものは遮断され

いったんはしんとらくになりますが

けれどそうして閉じてしまうと

エネルギーの巡り、循環おきず

じぶんの感性、魂は

コチコチになって しまいます。

 

しんどくても、へこたれないで

感じることをやめなければ

流れ星や虹みたいにぎらりと現れる

日常に起こる奇跡

ちゃんと出会い 受け取れる

感じなくなってしまうと、

いいもとまどいも、入ってこなくなります。

 

感じることはしんどいけれど

感じないよう閉じるのは、

閉じるだけだから簡単で

結果らくにもなる、

けれどその閉じた状態が続いた場合

それがあたりまえになってしまうと

添加物に舌が慣れてしまうみたい、

麻痺にちかい状態ともいえて

肉体は、その影響を 否応なく受けることに

 

リトマス紙の感覚を 胸の内に保ちつづける

そうすると、おこることに対し、そこでの見極め

選択や対応、自分の意思で 可能になります。

 

 

3月のスケジュール 梅
ご予約可能日 ご予約フォーム

トキノネ  日々のつぶやき

トキノネ 疑問やご質問 お待ちしてます。

 

 

これからの世界

いまの世界に誰も希望がみれなくなったら

ほんとうにえらいことなので

いまはどうにも見えずらくても

ないように思えても

じぶんがじぶんであるかぎり

それが、希望だから

その希望を、外側でなく

じぶん自身に 確認し

守られて、負けないでと

そんな、想いです。

 

 

---------------------------------------------

にじのわの日記とホームページ

新しいアドレスに変わりました

登録のご変更 何卒よろしくお願いいたします

スピリチュアルリーディング NIJINOWA

ホームページ http://nijinowa.love

にじのわ日記 http://nikki.nijinowa.love

---------------------------------------------