5月 ホールニューワールド

     乗鞍で  家族みんなでみた  雲海  のぼる  日の出

 

夏を思わせる暑さに汗ばみ

ときにぐっとの冷え込み、うずくしもやけ

よくわからない気温の変動に

五月特有の、爽やかに柔らかな晴れやかさ

それがあるときとないときの、あるときに

外にとびでて 全身で五月の粒子を吸い尽くし

その感覚の振動を うちに蓄えるような

そんなふうな 5月の春の日でいます

 

三宅洋平さんのfacebookの投稿で見た

デンマークの旅行会社が行なったDNA実験

とてもよかった

 

 

動画リンク https://youtu.be/gTMlnVx-PzQ

 

ほんとうに、そうしかない

国籍も信条も社会における自身の立場も

人間としての自分、他者からゆけば

すべては後付けのもので

そもそもの自分、他者という存在は

ひたすら無二で、ユニークな

カテゴライズをはずしてみれば

みんな、人間という、それだけで

 

もとは国なんて境界のないところから始まった、

家族であり、いまを未来へつないでゆく

共同創造の 仲間であって、

灰色の 分離ベースの

分断とジャッジング、支配と従属の

ピラミッドシステム、

意図的に無意識にあたりまえに

そのシステムが採用された社会

いまもなお続いているけど

 

ひとりひとりが自分を他者を

自分の後付けのフィルターで捉えることなく

そのひとそのもの、そのひと自身

そのひとの体の奥から全体へとひろがる

フィーリングを自分の胸で

わかろうとすれば

 

みえてくるもの、その認識は

みさせられたものじゃない

じぶんにとってそのままの、そのひとを

はっきりと内に、みることができる

 

そのひとをわかるのは

自分自身をわかるのは

 

頭での認識よりも

自分の胸から感じとることのほうが

はるかに、確かに

そのひとを、自分自身を、

わかることが できる。

 

 

5月のスケジュール
ご予約可能日 ご予約フォーム

トキノネ  日々のつぶやき

ほしのわメールマガジン

 

 

そうして、自分の予測や期待

通念のフィルターを通さないで

ただ自分のハートから

しんにそのひとをわかろうとするとき

それは同時にそのひとにも、それは伝わり

うまれる交流の発生を

じぶんもわかる。

 

そのここちを、ひとはみんな

求めていて、得られなくもなっている。

 

ゲリーがゆってた、この世界がこんななのは

みんなが承認を求めていて、それを得られないでいて

みんなじぶんからひとを わかろうとはしないから

ひたすら求める ばかりだから

 

ひとをハートでわかろうとしたとき

あいだをふさぐシャッターはあがり

そのひとがみえて、

そのひとに、自分がみえる

 

映画『アバター』で、大好きで深く残っている言葉

" I see you "  の意味

 

そうしてみんなが、みんなをわかれば

自分自身を、自分がわかれば、

 

「人」のカテゴライズさえもこえて

自然、動植物、地球、宇宙と

やわらかにみっちりとつながりあい

境界は消え、

その生命のひとつひとつが

自分の血管、細胞みたい

みんなは自分のいちぶであり

みんなから自分は作られているのをわかる。

 

あるときまではあたりまえであった感覚が

灰色の洗脳と操作をこえて

ひとりひとりの内に蘇ろうとしているとき

そのどっちをじぶんの真実として、リアルとして

選択するかは、みんな自分が選びたい方を選び

それを生きる、強制の外にある

流れにいまあるなかで

 

もうほんとうは、きっとみんな

頭ではない、自分の内のフィーリング

直感ともいえるそのほんとうを

もういよいよ、無視し続けるのが

きびしい時に、きているのではないかと思い

それでもの我慢で押し込めて

我慢と自分の本当との押し合いへし合いで

そこでぶわっとあふれでたさけびが

いまの社会、個人個人の目の前に

表れとして現れて、展開をしていて

 

じぶんにきびしい、他者にきびしい

きびしさのフィルター

粉々にめがねを割るように

そのまま、そのままを

視力をぼやかし 思考をゆるめて

胸を通し ただ感じ わかること

 

そのシンプルから

そのなかでの自分のほんとう

それに沿って自分をあれば

自分を生きれば

ゆきたい道、ゆきたい方へ、自分は進み

 

自分のほんとうを選び生きるありかたが

だれかの意識の目にとまり、

だれかの胸をノックし動かし

まただれかがそれを見て

いちばんのほんとうを 選び生きる

 

その連鎖のさき

フィルターからのカテゴライズじゃない

互いをみとめ、わかりあう

共感 理解からの認識と

そこから世界が構築される 流れのなかに

全体どうっと入っていると、感じます。

 

きびしさより、

じぶんのこころが向かうほう

よろこび、美しさを感じるほう

じぶんのいまに見ることを

ほんとうを生きることを

じぶんにゆるす

現実がどんなでも、

そのほんとうに沿うかぎり

絶対に、生存級まで困ることはない

それどころか、我慢で得られる何か以上の

ミラクルなる豊かさを

自分をこえた全体から、共時性を通して

享受すること、可能になる

 

どこをみるのか

ほんとう それだけ

 

自分のいちばんのほんとう

それは現実 困難さを感じるものであったとしても

それでものとびこみで

自分のほんとうを生きるとき

そこで発揮される タマシイの創造性

広大で つきないちから、無二のユニーク

それはものごとよりも、現状よりも、なによりも

なにが一番、世界をつくるか

そのすべてをつくりあげている

自分自身、自分のタマシイを

いま目の前に、知ることができる

 

すべてへのいとしさ、感謝から

この世界を 眺められる

 

豊かさの創造、そのなかにいる喜びを

日々のひとつひとつの瞬間に

むちゃちゃを つよく、深く願い

 

むかう世界、うまれるハーモニーのひびき

耳をすませて、ゆきたしです。

 

 

 

---------------------------------------------

にじのわの日記とホームページ

新しいアドレスに変わりました

登録のご変更 何卒よろしくお願いいたします

スピリチュアルリーディング NIJINOWA

ホームページ http://nijinowa.love

にじのわ日記 http://nikki.nijinowa.love

---------------------------------------------